塗装の時期と目安

塗り替え、塗装のタイミングには情報収集が不可欠です

塗料の塗り替え時期は自然環境や、建築時の施工、家主様のお考え方などで大きく左右されます。海の近くであれば塩害や、温度差の激しい場所など同じ築年数でも劣化に差がでることがあります。

また建築時の施工の不備で劣化したり、立て付けの問題で外壁にヒビが入ってしまうことなどもあります。

そして、ささいな塗装面のハゲに対して気なる方もおられれば、大きなヒビも気にならない方もいらっしゃいます。このように塗装の時期というのは様々な要因がありとても曖昧です。

曖昧な部分であるからこそ情報を収集し、時には塗装業者にアドバイスをもらい、ご自身で判断していただくことになります。

自然にあるもの、少しずつですが必ず劣化していきます。しかし、住宅は大切に扱い、定期的にメンテナンスをすれば塗料メーカーが示している塗料の耐久年数さえ超えて長持ちいたします。

この塗装の時期と目安がお客様にとって有益な情報になり、塗り替えのお役にたてれば幸いです。

ご自宅の外壁の種類によるチェック項目

  • カラーベスト
  • モニエル瓦・セメント瓦
  • モルタル壁
  • サイディング

カラーベスト

カラーベストはスレート(セメント)瓦を薄くした材料です。セメント材質なので塗装は必要です。

昔のカラーベストには微量のアスベストが繋ぎの役割で使用されていました。古くなると飛散の可能性もあります。屋根は直接雨、風、紫外線を受けてしまう為、早めの処理(塗装)などが必要となってきます。

塗装の目安、危険サイン

下記の写真のような状態が確認できるようであれば、早期処理(診断、塗装など)することをお勧めいたします。

  • 塗膜の老化

    塗膜の老化

    表面に防水性がなく、カラーベスト自体に水が吸い込み、雨漏り、結露の原因になります。

  • ヒビ割れ

    ヒビ割れ

    ヒビがあるとそこから水が浸入し防水紙を通り越し、躯体の腐食雨漏りの原因になります。

  • 縁切り

    縁切り

    塗り替え(ローラー工法)の場合最後の縁切り作業をしていないと、隙間に水をためてしまい余計に雨漏りの原因になります。

モニエル瓦、セメント瓦

モニエル瓦、セメント瓦も材質はセメント質なので、塗装は必要になります。瓦の種類によっては、カラーベスト同様に、微量のアスベストが含まれています。古くなると飛散の可能性もあります。

屋根は直接雨、風、紫外線を受けてしまう為、早めの処理(塗装)などが必要となってきます。

塗装の目安、危険サイン

下記の写真のような状態が確認できるようであれば、早期処理(診断、塗装など)することをお勧めいたします。

  • 塗膜の劣化、コケ

    塗膜の劣化、コケ

    表面の防水性がなくなると雨漏り、結露と下地に悪影響を及ぼします。

  • 割れ

    割れ

    釘止めの部分から割れたり劣化によりダメージを受けます。水の侵入で雨漏り、下地に悪影響を及ぼします。

  • 藻、カビ

    藻、カビ

    コケ、藻などが発生していると防水性はないものと考えてもいいでしょう。結露などにより下地に悪影響をおよぼします。

屋根は住宅にとって非常に大切な部分です。普段見ることのできない所なので早めの診断、チェックで安心・快適な生活をおくる事が出来ます。

モルタル壁

おおよそ塗装の寿命は、10年と言われていますが、前に塗られている塗料の質、環境によって大きく異なります。例えば新築の場合、使われている塗料は、リシン、スタッコ、ジョリパットなど比較的、防水性の低い材料を使用している為、早めに防水性のある塗料を塗装することをお勧めいたします。

塗装の目安、危険サイン

下記の写真のような状態が確認できるようであれば、早期処理(診断、塗装など)することをお勧めいたします。

  • チョーキング現象

    チョーキング現象

    手で触って粉がつく。これは塗膜の寿命をあらわします。

  • ヒビ割れ

    ヒビ割れ

    ヒビがあるとそこから水が浸入し中の躯体を腐食させてしまいます。

  • コケ、藻

    コケ、藻

    防水性がなく水気があるのでコケ、藻が発生します。

サイディング

サイディングボードの場合も塗装は必要となってきます。時期は環境によってことなります。大きな問題は、サイディングのつなぎ目のコーキングにあります。コーキングが劣化し、割れれば水が侵入し、ボードの反り、躯体の損傷と悪影響を及ぼします。

塗装の目安、危険サイン

下記の写真のような状態が確認できるようであれば、早期処理(診断、塗装など)することをお勧めいたします。

  • コーキング剤の劣化

    コーキング剤の劣化

    劣化した部分から水が侵入し中の躯体を腐食させてしまいます。

  • ヒビ割れ

    ヒビ割れ

    膨張、収縮、環境によって割れてくる場合もあります。水の侵入で腐食してしまいます。

  • コケ、割れによる腐食

    コケ、割れによる腐食

    水が侵入する、コケ、藻が発生。最悪このようなことになる場合もあります。

壁の中の躯体(木部、鉄部)が腐食する前に処理することが、お家の寿命を長くもたせ、安心・快適な生活ができる秘訣です。

光メンテナンスのこだわり