光メンテナンスのサービス内容

外壁塗装から付帯塗装まで塗り替えならお任せください

  • 外壁塗装工事例
  • 屋根塗装工事例
  • 防水塗装工事例

こんな症状がでていたら、それは塗り替えのサインです!!

  • チョーキング現象
  • ヒビ割れ
  • コケ、藻
  • 色褪せ・チョーキング
  • 色褪せ・チョーキング
  • ヒビ割れ
  • はがれ・さび

外壁塗装工事

一般的に外壁塗装はの塗り替えの時期は約5年~10年と言われていますが、環境や施工方法、塗料の種類などによって異なります。

年数で見るのではなく、定期的に建物の状況を見て判断するのが重要です。

お家の壁をじっくり見る機会はないと思われますが、よく観察すると様々な症状が見つかるかもしれません。

塗装は外観の美しさのためだけではありません。

紫外線や雨、風といった建物の劣化の進行を遅らせたり、カビ、藻などを防ぐ保護効果の役割もあります。

塗装の時期が遅れれば遅れるほど既存の壁に負担がかかり、費用が大きくなっていくケースもありますので、お早めに対処することをお勧めいたします。

外壁塗装工事について詳しく見る!!

屋根塗装工事

屋根は強い日差し、雨や風など常にダメージを受ける箇所です。屋根を保護する塗膜は、太陽光線の紫外線、酸性雨などで経年と共に劣化していきます。

住宅にとって屋根とは非常に重要で住宅の寿命に大きく左右されると言っても過言ではありません。

既存の屋根材( カラーベスト、モニエル瓦 ) などの塗膜の防水効果は5~6年ほどで低下し、カビや藻類が発生しやすくなり、塗膜が剥がれ防水効果が失われると屋根自体の強度、耐久性を落とし、やがて塗装面だけでなく建物自体に大きなダメージを与えてしまいます。

3年、5年といったように、点検、必要とあればメンテナンスや塗り替えを行うことが大切です。

塗り替えを行うことにより、強度、耐久性を取り戻すだけでなく、見た目も美しくなり大切な住宅を維持していくことになります。なるべく早い時期に手を打っておくことが、費用の倍増を防ぐことになります。

屋根塗装工事について詳しく見る!!

防水塗装工事

ほとんどの建物が雨水によってダメージを受けています。建物内部を腐らせ、劣化させるのは、屋上、ベランダなどの隙間から入ってくる水です。

一般的な塗装防水の寿命は5~10年と言われていますが、工法、仕様、建物の環境、手入れの方法により寿命はかなり開きがあります。

定期的に点検し、防水効果の状態を確認し、時期が来たら塗り替えていくことが非常に大切です。

なるべく早い時期に手を打っておくことが、費用の倍増を防ぐことになります。

防水塗装工事について詳しく見る!!

光メンテナンスのこだわり