防水塗装工事について

ヒビ割れはそのままにしておくと漏水の原因になります

ほとんどの建物が雨水によってダメージを受けています。建物内部を腐らせ、劣化させるのは、屋上、ベランダなどの隙間から入ってくる水です。

一般的な塗装防水の寿命は5~10年と言われていますが、工法、仕様、建物の環境、手入れの方法により寿命はかなり開きがあります。

定期的に点検し、防水効果の状態を確認し、時期が来たら塗り替えていくことが非常に大切です。なるべく早い時期に手を打っておくことが、費用の倍増を防ぐことになります。

防水作業工程

  • 1.高圧洗浄

    1.高圧洗浄

    高圧で洗浄して、カビ、コケ、ホコリなどをキレイに落とします。

  • 2.絶縁

    2.絶縁

    下地の状態によりカチオンフィーラーなどで、下の塗膜などの縁を切ります。

  • 3.下塗り

    3.下塗り

    防水材にあったプライマーなどを塗ります。

  • 4.中塗り(主材)

    4.中塗り(主材)

    塗るというより、流す感じで塗膜をつけます。

  • 5.上塗り

    5.上塗り

    中塗りを保護する為防水トップコートを塗ります。

  • 6.完成

    6.完成

    6.完成。

光メンテナンスのこだわり