外壁塗装工事について

一般的に外壁塗装はの塗り替えの時期は約5年~10年と言われていますが、環境や施工方法、塗料の種類などによって異なります。

年数で見るのではなく、定期的に建物の状況を見て判断するのが重要です。

お家の壁をじっくり見る機会はないと思われますが、よく観察すると下記のような症状が見つかるかもしれません。1つでも該当するなら、早めの対応をお勧めいたします。

紫外線や雨、風といった建物の劣化の進行を遅らせたり、カビ、藻などを防ぐ保護効果の役割もあります。

塗装の時期が遅れれば遅れるほど既存の壁に負担がかかり、費用が大きくなっていくケースもありますので、お早めに対処することをお勧めいたします。

モルタル壁

  • チョーキング現象

    チョーキング現象

    手で触って粉がつく。これは塗膜の寿命をあらわします。

  • ヒビ割れ

    ヒビ割れ

    ヒビがあるとそこから水が浸入し中の躯体を腐食させてしまいます。

  • コケ、藻

    コケ、藻

    防水性がなく水気があるのでコケ、藻が発生します。

サイディング

  • コーキング剤の劣化

    コーキング剤の劣化

    劣化した部分から水が侵入し中の躯体を腐食させてしまいます。

  • ヒビ割れ

    ヒビ割れ

    膨張、収縮、環境によって割れてくる場合もあります。水の侵入で腐食してしまいます。

  • コケ、割れによる腐食

    コケ、割れによる腐食

    水が侵入する、コケ、藻が発生。最悪このようなことになる場合もあります。

外壁塗装作業工程

  • 1.高圧洗浄

    1.高圧洗浄

    高圧で洗浄して古い塗膜、ホコリなどをキレイに落とします。

  • 2.養生

    2.養生

    アルミサッシなど塗装しない部分が汚れないようにきちんと保護します。

  • 3.下地処理

    3.下地処理

    割れていたり壁が破損していればコーキング材やセメントで補修していきます。

  • 4.下塗り

    4.下塗り

    割れていたり壁が破損していればコーキング材やセメントで補修していきます。

  • 5.中塗り

    5.中塗り

    密着を良くする為にシーラー(接着剤)のようなものを塗ります。*下地の状態により材料をかえます。

  • 6.上塗り

    6.上塗り

    基本の材料は上塗りは2回必要なので中塗りを入れます。 

  • 7.付帯塗装

    7.付帯塗装

    物により下地にミッチャクロン、サビ止め、下塗り材を塗ってから上塗り塗料を塗装していきます。

  • 8.完成

    8.完成

    外壁が美しく蘇り、お客様にも大変満足していただきました。

サイディング塗装作業工程

  • 1.劣化状況

    1.劣化状況

    サイディングボードのつなぎ目のコーキングは紫外線や寿命、劣化によりイメージのようになります。

  • 2.コーキング除去

    2.コーキング除去

    専用道具、カッターなどで古いコーキングを取り除きます。

  • 3.マスキング貼り、プライマー

    3.マスキング貼り、プライマー

    コーキングがはみ出さないようにテープを貼り、密着性を高める為プライマーを塗ります。

  • 4.コーキング打ち替え

    4.コーキング打ち替え

    専用のヘラなどで丁寧に隙間がないようにします。

  • 5.下塗り

    5.下塗り

    密着を良くする為にシーラー(接着剤)のようなものを塗ります。*下地の状態により材料をかえます。

  • 6.中塗り

    6.中塗り

    基本の材料は上塗りは2回必要なので中塗りを入れます。

  • 7.上塗り

    7.上塗り

    最後の仕上げ。塗り残しがないかきっちりチェックを入れながら丁寧に塗っていきます。

  • 8.完成

    8.完成

    足場を全て撤去しお客様にご確認いただき、完成です。

光メンテナンスのこだわり